オンラインアシスタントになるには

オンラインアシスタントの面接に「落ちた」とならない3つのポイント

オンラインアシスタントに登録する準備をする女性

「オンラインアシスタントってどんな面接があるの?」

オンラインアシスタントの求人に応募するなら、面接の対策をちきんとしておきたいですよね。

オンラインアシスタントの面接は、一般的な面接と変わりません

会社の求める人物像とあなたがマッチしているか確認する場が面接。

オンラインアシスタントの面接では、「会社の求める人物であること」を伝えるのがポイントです。

この記事では、面接の対策を中心にオンラインアシスタントの面接について解説しています。

記事を読むと、自信を持ってオンラインアシスタントの面接にのぞめます。

「オンラインアシスタントの求人に応募してみたい」方は、記事の内容をチェックしてみて下さい。

オンラインアシスタントの面接で求められる人物像

オンラインアシスタントの面接に合格した女性オンラインアシスタントの面接に合格するには、会社の求める人物像にあなたがマッチしていることを伝えるのが大切です。

面接の前にオンラインアシスタントの会社があなたに求めているものを把握しておくのがおすすめです。

オンラインアシスタントの面接で求められる人物像は、以下の3つに当てはまる方。

  • 自律した行動ができる方
  • 責任感がある方
  • 思いやりのある対応ができる方

それではひとつずつ詳しくお伝えしていきます。

自律した行動ができる方

オンラインアシスタントの面接で求められる人物像は、自律した行動ができる方

依頼者のサポートはチームで行いますが、フルリモートなので自分一人で解決しないといけない場面もあります。

分からない事は自分で率先して調べるなど自律した行動が求められるオンラインアシスタント。

誰かの指示を待つのではなく、自らやるべきことを見つけて積極的に取り組む姿勢があることを面接で伝えれると◎です。

責任感がある方

オンラインアシスタントの面接で求められる人物像は、責任感がある方

フルリモートで自由に働ける分、当然ながら責任も伴います。

自分が引き受けた仕事は、最後まで責任をもってやりぬく姿勢が求められるオンラインアシスタント。

面接では困難な仕事を最後までやり遂げたエピソードであなたの責任感の強さを伝えれるようにしておくのがおすすめです。

思いやりのある対応ができる方

オンラインアシスタントの面接で求められる人物像は、思いやりのある対応ができる方

フルリモートで働くオンラインアシスタントですが、依頼者やチームメンバーとやり取りをする機会も多くあります。

依頼者の気持ちや状況を理解し、その先を見据えた行動が求められているオンラインアシスタント。

面接でも面接官のことを考えながら受け答えできるようにしてみて下さい。

オンラインアシスタントの面接はWebで実施

webで実施されるオンラインアシスタントの面接オンラインアシスタントの面接はWebで実施されます。

会社が指定するWeb会議ツールを使ったオンライン面接です。

Web会議ツールの例
  • ZOOM
  • Google Meet
  • Skypeなど

使用したことないWeb会議ツールの場合は要注意。

ログインや使い方に手間取るかもしれないため、事前にきちんと確認しておくのをおすすめします。

オンラインアシスタントの面接では志望動機などを聞かれる

オンラインアシスタントの面接で志望動機を聞かれる女性オンラインアシスタントの面接の内容は、一般的な面接と変わりません。

あなたが会社の求める人物像にマッチするかを見極めるため、面接は以下の内容で進みます。

面接内容の例
  • 自己紹介、これまでの職歴
  • 志望動機
  • 自己アピール
  • 会社への質問

オンラインアシスタントの面接でも相手目線で質問に答えるのがポイント。

あなたの今までの経験やスキルがオンラインアシスタントとしてどのように活かせて会社に貢献できるのかという視点を持って面接にのぞむのがおすすめです。

オンラインアシスタントの面接の時間は約15分

オンラインアシスタントの面接で使うパソコンオンラインアシスタントの面接の時間は、15分~20分程度。

限られた面接の時間内で面接官の方に「採用したい」と思ってもらえるかが合否を分けます。

もちろん面接では「オンラインアシスタントとして働きたい!」想いを伝えるのも大切。

ただ想いを伝えるだけではオンラインアシスタントの採用に合格するのは難しいかもしれません。

面接ではあなたが「オンラインアシスタントとして会社に貢献できる」のを面接官に伝えるのがおすすめです。

続いて具体的な面接のコツについてお伝えしていきます。

オンラインアシスタントの面接で意識したい3つのポイント

オンラインアシスタントの給料に満足している女性オンラインアシスタントの面接で意識したいポイントは3つあります。

  • 質問された内容を正確に把握する
  • 質問の意図を考える
  • オンラインアシスタントとして求められている人物だと伝える

それではひとつずつ詳しく解説していきます。

質問された内容を正確に把握する

1つ目のポイントは、質問された内容を正確に把握すること。

面接官が知りたいことに、しっかりと回答するためです。

普段とは違うシチュエーションなので少なからず緊張するので、面接官の話に意識を集中するようにしてみて下さい。

クライアントからの依頼内容を正確に把握することが求められているオンラインアシスタント。

面接官は、「クライアントとのコミュニケーションが円滑に行えるか?」も面接で見極めています。

面接官の質問の意図を考える

2つ目のポイントは、面接官の質問の意図を考えること。

面接官の質問には、あなたの何かを判断するための考えが含まれているからです。

面接官があなたに質問することで本当に知りたいことは何なのかを考えると、質問にも答えやすくなります。

オンラインアシスタントとして求められている人物だと伝える

3つ目のポイントは、オンラインアシスタントとして求められている人物だと伝えること

先ほどもお伝えしたように、面接は会社の求める人物像とあなたがマッチしているか確認する場です。

あらかじめ公式HPや求人の情報から応募するオンラインアシスタントの会社が求める人物像を把握。

会社が求める人物像とあなたの今までの経験やスキルとの接点を探しておくと、面接での受け答えが楽になります。

面接ではあなたが会社の求める人物像とマッチすることをしっかり伝えて下さい。

またオンラインアシスタントになるには、人柄と合わせて経験やスキルも求められます。

続いて、オンラインアシスタントになるために必要な経験やスキルをお伝えしていきます。

オンラインアシスタントになるには

オンラインアシスタントになるにはどうしたらいいのか考える女性オンラインアシスタントになるには、必要なことが6つあります。

  • 社会人の経験がある
  • PCの作業経験がある
  • PCや通信の環境を自分で準備できる
  • Microsoft Officeを使いこなすスキル
  • ITツールを使いこなすスキル
  • コミュニケーションのスキル

オンラインアシスタントになるにはどうしたらいいのかイメージが湧くように、ひとつずつ詳しくお伝えしていきます。

社会人の経験がある

オンラインアシスタントになるには、まず社会人の経験が必要になります。

言い換えると、基本的な仕事の仕組みやビジネスマナーを理解していること。

オンラインアシスタントは未経験でも大丈夫ですが、オンラインアシスタントになるには社会人として基本的なことを身につけておくのが前提になります。

PCの作業経験がある

オンラインアシスタントになるには、PCを使った作業の経験も必要になります。

PCを使った作業とは、ワードでの議事録作成やエクセルへのデータ入力などPCの基本的な作業のこと。

オンラインアシスタントとして働くうえでは欠かせないPCでの作業。

PCでの作業経験があり、PCでの作業が苦にならない方にオンラインアシスタントは向いています。

PCや通信環境を自分で準備できる

オンラインアシスタントになるには、PCや通信環境を自分で準備する必要があります。

例えば、オンラインアシスタントサービスのフジ子さんで求められる作業環境は以下になります。

業務に必要な作業環境
  • メモリ8G以上、CPUはi5以上のパソコン
  • セキュリティソフトがインストールされているパソコン
  • Windows Office(Excel、Word、PowerPoint)がインストールされているパソコン
  • アップロード値ダウンロード値が共に30Mbps以上の通信環境
  • パソコン用のWebカメラ(外付け可能)
会社ごとで必要な作業環境が異なるため、事前に採用HPで作業環境を確認してみて下さい。

Microsoft Officeを使いこなすスキル

オンラインアシスタントになるために必要なスキルの1つ目は、Microsoft Officeを使いこなすスキル

オンラインアシスタントには、Word/Excel/PowerPointを不自由なく使うことが求められます。

またオンラインアシスタントの会社の中には、中級以上のMicrosoft Officeスキルを求めるところも。

中級以上のMicrosoft Officeスキルとは、Excelの関数が不自由なく使えるレベル

オンラインアシスタントとしてクライアントからの依頼を受け、事務的な業務をしていくうえでは欠かせないスキルです。

ITツールを使いこなすスキル

オンラインアシスタントになるために必要なスキルの2つ目は、ITツールを使いこなすスキル

オンラインアシスタントが使う主なITツールはビデオ通話やチャットのツールです。

 えばビデオ通話だとZOOM、チャットだとSlackです。

在宅のフルリモートで働くためには、コミュニケーションをとるITツールを使うスキルが求められます。

コミュニケーションのスキル

オンラインアシスタントになるために必要なスキルの3つ目は、コミュニケーションのスキル

オンラインアシスタントは、特にテキストでのコミュニケーションスキルが求められます。

クライアントやチームメンバーとはチャットでのやりとりが多いオンラインアシスタント。

テキストのみでも意図を正しく伝えるコミュニケーションのスキルが必要です。

テキストだと一言足りないだけで意味合いが変わったり、印象を悪くしてしまうこともあります。

丁寧でポジティブな表現を意識するのがテキストコミュニケーションのコツ。

オンラインアシスタントとして円滑に仕事をするために、とても大切なスキルです。

オンラインアシスタントに求めらるスキルは、以下の記事で詳しく解説しています。

「自分のスキルとオンラインアシスタントに必要なスキルがマッチングするか知りたい」方は、チェックしてみて下さい。

具体的な経験やスキルはオンラインアシスタントを募集する会社によって違うため、詳しい内容は「オンラインアシスタントの求人をしている会社5選」でお伝えしています。

「オンラインアシスタントとして働いてみたい」方は、参考にしてもらえると嬉しいです。

オンラインアシスタントは未経験でも大丈夫

オンラインアシスタントが未経験の女性オンラインアシスタントは未経験でもOKの求人が多くあります。

幅広い業務が特徴のオンラインアシスタント。

オンラインアシスタントは未経験でも、あなたのスキルに合わせた業務調整をしてくれます。

未経験業務についてもフォロー体制が整っているので、安心して作業できます。

オンラインアシスタントの求人をしている会社5選

オンラインアシスタントの会社で仕事をするための環境「オンラインアシスタントの求人をしている会社ってあるの?」

オンラインアシスタントになるには、求人をしている会社を把握しておきたいですよね。

そこでオンラインアシスタントのサービスを提供している大手を中心に5社をピックアップ。

  • フジ子さん(フジア株式会社)
  • HELP YOU(株式会社ネット)
  • 株式会社キャスター
  • スーパー秘書(ガイアモーレ株式会社)
  • メリービス株式会社

オンラインアシスタントの求人に応募するときの参考にしてもらえると嬉しいです。

フジ子さん(フジア株式会社)

オンラインアシスタントの副業におすすめの会社フジ子さん
稼働時間
  • 自由
給料
  • 時給1,000円(税込)~
  • トライアウト、トレーニング期間中は時給900円(税込)
応募条件
  • 1年以上の社会経験があること
  • PC、通信環境が整っていること
  • 9:00~18:00に連絡がとれること
必須スキル
  • ITツールを使いこなすスキル
  • 中級以上のMS Officeスキル
採用の流れ
  1. エントリーより応募
  2. スキル審査、Web面談
  3. 疑似作業の最終選考
  4. 採用決定

オンラインアシスタントを募集している会社の1つ目は、フジア株式会社のオンラインアシスタントサービス「フジ子さん」。

学歴は不問で、在宅業務未経験も歓迎

チームの中で仕事を進めるので、在宅業務が未経験でも安心して仕事ができます。

また未経験の業務や業界の仕事も挑戦できる環境のフジ子さん。

会社内でフォロー体制が整っているため、不安なく作業を進めれます。

HELP YOU(株式会社ニット)

オンラインアシスタントの副業におすすめの会社HELP YOU
稼働時間
  • 自由
給料
  • 時給1,015円(税込)~
応募条件
  • 社会人経験(企業への就業経験)が3年以上あること
  • Word/Excel/PowerPointのいずれかを業務上使用した経験があること
必須スキル
  • Word/Excel/PowerPoint
  • リモート環境で業務ができる基本的なPCスキル
  • Googleのツールの基本操作
  • コミュニケーションのスキル
採用の流れ
  1. 課題(Word/Excel/PowerPointのうち2つ提出)
  2. 自己紹介動画提出
  3. 個別面接
  4. 合否通知

オンラインアシスタントを募集している会社の2つ目は、株式会社ニットのオンラインアシスタントサービス「HELP YOU」。

HELP YOUのオンラインアシスタントは、年齢や性別、学歴は不問。

応募条件を満たしていれば、オンラインアシスタントの求人にエントリーできます。

株式会社キャスター

オンラインアシスタントの副業におすすめの会社キャスター
稼働時間
  • 自由
給料
  • タスク見込み1時間あたり:833円+税
応募条件
  • デスクワーク、PCを使用する仕事の経験があること
  • PC、自宅のネット環境を自分で準備できること
応募方法
  • 公式の求人ページの「応募する」ボタンから応募
  • 「応募先へのメッセージ欄」に稼働可能な曜日と時間帯を記載

オンラインアシスタントを募集している会社の3つ目は、株式会社キャスター。

株式会社キャスターでは多数のタスクがあるため、あなたの経験やスキルに合った仕事内容を選べます。

また会社に相談すれば、未経験の業務・業界の仕事にも挑戦が可能です。

他の2社に比べると時給は安いですが、求められる応募条件も少ないのが特徴。

バックオフィス業務は未経験の方でも応募しやすいオンラインアシスタントの求人です。

スーパー秘書(ガイアモーレ株式会社)

オンラインアシスタントの副業におすすめの会社スーパー秘書
稼働時間
  • 週に数日、平日昼間
給料
  • 業務に応じた双方合意の成果報酬額(例:請求書作成250円~/件)
  • 成果報酬にできない際は業務一単位あたり時給1,200円〜
応募条件
  • マイクロソフトオフィス(Word,Excel) 完備
  • ウィルス対策ソフト(有料)完備
応募方法

オンラインアシスタントを募集している会社の4つ目は、ガイアモーレ株式会社のスーパー秘書。

在宅での業務経験は不問。

オンライン会議システムや電子メール、チャットワークの使用に抵抗がなく、新しいことに柔軟に対応できる方なら応募可能です。

メリービズ株式会社

オンラインアシスタントの副業におすすめの会社メリービズ
稼働時間
  • 週あたり平日3日以上
  • 1日3時間以上
  • 週合計15時間以上
給料
  • 時間単価1,018円(税込)~
応募条件
  • 社会人経験2年以上
  • 自分のみが利用するパソコンがある
  • 速度10Mbps以上のインターネット環境がある
  • 有料版のウイルスセキュリティソフトがPCにインストールされている
必須スキル
  • Excelやメールなどのビジネスツールを利用できる
  • Web会議システム/クラウドストレージ等のITツールに抵抗がない
応募方法

オンラインアシスタントを募集している会社の5つ目は、メリービズ株式会社。

メリービズでは、数名のチームで助け合いながら業務を進めていきます。

リモートが初めての方がほとんどなので、未経験でも安心して応募できます。

面接の前にオンラインアシスタントとの接点を見つけておく

オンラインアシスタントのスキルを発揮する女性面接の前にあなたの経験やスキルとオンラインアシスタントとの接点を見つけておくのが大切です。

オンラインアシスタントの面接で、あなたの経験やスキルを活かして会社に貢献できるか伝えるため。

あなたの経験やスキルが会社にとってメリットがあるのがきちんと伝われば、面接に「落ちる」ことはありません。

オンラインアシスタントの面接に合格して、あなたの理想的な働き方を実現してもらえると嬉しいです。